福岡のタイヤショップ グランドスラム ホットロッド

タイヤ アルミホイル、車高調などクルマのドレスアップのことでしたら何でもご相談下さい。

Vol.5 欲望!

慣れとは怖いもので、もう少しパワーが欲しくなってきました。

確かに中間トルクとレスポンスはノーマルと比べ物にはなりません。

シャシダイの表でも分かるように中間ではパワーが出ていますが、高回転域ではそこまでパワーが伸びていません。

ピークパワーポイントは逆に下がっています。

理由は簡単。排気系ノフン詰まりです。

 

そこで、更なるパワーアップを図り、オリエントワークスステンレスマフラーを装着しました。

当店では定番となりつつある「パワーのでるマフラー」です。

今時のマフラーは変えてもなんとなく・・・としか違いが出ないモノが多いのですが、

このマフラーは明らかにパワー、トルク、レスポンスのどれもが激変します。

 

› 続きはこちら

掲載日:水曜日, 8月 12th, 2009 カテゴリー:IMPREZA DIARY
コメントはまだありません

Vol.4 サーキットレポート!

今回は、インプレッサでのサーキットレポートをお送りします。

私にとっても4WD車で初のサーキット走行です。

私なりにサーキットでの良いところ、悪いところをまとめてみました。

 

●インプレッサのサーキット ここが○

マフラーとCPUの変更だけですがストレートでもGT-Rに離されることなくついていけます。

掛けたコストを考えると十分ですネ

 

水温95℃、油温128℃以上は上がりませんでした。

クーリング系はフルノーマルです。

オイル選びを間違わなければ問題なく走れますが、これ以上気温が上がるとオイルクーラーは必要でしょう。

› 続きはこちら

掲載日:火曜日, 8月 11th, 2009 カテゴリー:IMPREZA DIARY
コメントはまだありません

Vol.3 弄り、始めます!

ようやくCPUを装着しました。

まぁ、これまでお客様のクルマに沢山付けてきましたので、結果は分かっていましたがかなり違いますね。

 

最初のひと踏みで違いが分かるのはやはり凄いことだと思います。

とにかく、下はトルクが明らかに増えています。モリモリです。

 

普通トルクが増えるというのは、ブーストの掛りが早いとか、エンジン回転数が3000rpm以上での話しです。

しかし、2000rpmに満たない回転数でもスムーズに走ります。

そして、そのまま上まで綺麗に回るのです。

 

私はシフトランプを7500rpmで点灯するようにセットしています。

CPU装着まではほとんど点くことが無かったのですが、簡単に点くようになりました。

› 続きはこちら

掲載日:火曜日, 8月 11th, 2009 カテゴリー:IMPREZA DIARY
コメントはまだありません

Vol.2 インプレッサを分析しましょう!

インプレッサファンの皆様、お久しぶりです。

今回は、メーターのお話からです。

このクルマは、やはりDefiのアーバンレッドメーター装着しかありません。

このメーターは、純正とほぼ同じ光り方をするのがポイントです。

 

純正のSTIのメーターをつけている人も、後から

「しまったぁ~、コレにすればよかったぁ!」

と言う人も多いと思います。

 

さ~て、メーターも付いたことだし、高速~峠とインプレッサを走らせてみて私なりに気になった点をレポートします。

› 続きはこちら

掲載日:火曜日, 8月 11th, 2009 カテゴリー:IMPREZA DIARY
コメントはまだありません

Vol.1 クルマが無ければ始まりません!

運命的出会い・・・ようやく探していたGDBインプレッサを購入しました。

クルマは平成15年式のアプライドCモデルでフジツボのマフラーが付いているだけのほぼノーマル状態です。

しかし、まだ1回も車検を受けていないのに3代前の型になってしまうのはちょっと悲しいです。

このクルマの宿命なんでしょうねぇ・・・。(T_T)

 

まだ、街乗りと通勤がメインの使用ですが我慢できない所が出てきました・・・。

それは・・・操作性の悪さ(シートポジションなのか・・・)

これは、インプレッサに限った事ではありませんが、

シートポジションをペダルに合わせるとステアリングが遠くなってしまう・・・。

 

これまで私の愛車は常にNARDIのステアリングと決まっていました。

(ヨメさんの乗るワゴンRも当然の如くNARDIです)

 

今回のインプレッサも当然NARDIです。

ボススペーサーを使わずディープコーンタイプのステアリングをチョイス!

これで、かなり運転しやすくなり、ステアリング操作も楽になりました。

 

お客様の中にもステアリングを換えると保険が・・・と言われる方が結構います。

エアバックを外すのでエアバック特約を解除しないといけないのですが、

実際には、エアバックの有無ではそんなに保険料は変わらない様です。

 

私のインプレッサはエアバックの特約を外しても保険料は全く同じでした。(^_^;)

ステアリング交換を考えている方は、一度保険屋さんに聞いてみると良いでしょう。

 

そして、もうひとつお勧めのパーツがあります。

当店ではおなじみのオリエントワークスから発売されているクイックシフト(ショートシフト)です。

装着後は、カチィ、カチィ、カチィと気持ちよく入ります。

シフトの位置も少し手前に来ますョ!

クイックシフトにありがちなシフトチェンジの渋さも無く、シフトミスすることも無く、と~ってもイイ感じです。

これは、中々イイかもしれません。ホントにお勧めです。

 

クルマの動力性能に関しては、ノーマルでも「走る」「曲がる」「止まる」の三拍子!流石です!

このインプレッサに足りないのは「楽しさ」「気持ちよさ」って所でしょうか・・・。

 

最終的には、街乗りとサーキット走行の両立を目指して調教していきます。

 

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

GDB アプライドCモデル

定番のブルーです。

フジツボのマフラーだけ付いていましたぁ。

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

ペダルに合わせてポジションを決めると・・・

腕が伸びきってしまいます。(T_T)

スポーク部がオフセットしているディープコーンタイプ。

ボススペーサーを使うことなくステアリングを手前に持ってくる事が出来ます。

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

どうです?ずいぶん変わったでしょう?

モデルはお客様のシノハラ君です。

スバル専用クイックシフト\19,800(税別)

インプレッサ以外にもレガシィ、フォレスターにも使えそうです。(確認中)

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

取付には多少加工が必要になります。

こんな感じになります。

シフトフィールまで調整できます。

 

掲載日:土曜日, 8月 8th, 2009 カテゴリー:IMPREZA DIARY
コメントはまだありません