福岡のタイヤショップ グランドスラム ホットロッド

タイヤ アルミホイル、車高調などクルマのドレスアップのことでしたら何でもご相談下さい。

Vol.2 インプレッサを分析しましょう!

インプレッサファンの皆様、お久しぶりです。

今回は、メーターのお話からです。

このクルマは、やはりDefiのアーバンレッドメーター装着しかありません。

このメーターは、純正とほぼ同じ光り方をするのがポイントです。

 

純正のSTIのメーターをつけている人も、後から

「しまったぁ~、コレにすればよかったぁ!」

と言う人も多いと思います。

 

さ~て、メーターも付いたことだし、高速~峠とインプレッサを走らせてみて私なりに気になった点をレポートします。

 

●エンジン編

街乗りでは、結構速いと思っていましたが高速道路では4WDによる駆動ロスが多いのか・・・

ぬわわkmからの加速にイマイチ伸びがありません。

これなら、シルビアのポン付けタービン仕様の方が速くて楽しいかも・・・?

峠道ではレッドゾーンまで回してもはまり速くありません。

4000rpmから落ちるとパワーバンドから外れてしまうので6速を忙しく駆使する必要があります。

以外や以外、パワーバンド狭いです。

 

●足回り編

フルタイム4WDなので路面に張り付くように走るのかと思えば・・・、結構フラフラするんです。

まずは、足の診断という事で4輪アライメントテスターに掛けてみました。

やっぱり・・・基準からずれていましたので早速調整です。

これで、結構まともになりました。

しかし、リヤが少し跳ねる感があります。

足回り選びを誤ると危険なクルマになるかもしれませんね。

車重もあるせいか、bremboといえどもブレーキがかなりきつそうです。

 

●内装編

ボンネットダクトのせいで路地や峠道では前が見にくいです。

こればかりはどうしようもないかな・・・。

まあ、慣れるとそうでもないのかも・・・。

ただ、シートポジションはこれ以上下げると多分ツライです。

それと、シートの出来はあまり良いとはいえません。

結構疲れますし、峠道では4点ベルトをつけないと体が動きまくりです。

 

ということで、次回からいよいよチューニングに入れるカナ・・・。

 

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

インプレッサにはこれしかないでしょう!

アンバーレッドがイケてます。

ノーマルの足でアライメントをとる人は少ないです。

でも、とったほうが良いに決まってます!

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

調整前です。

結構バラバラなんです。(T_T)

これで完璧!

下手なパーツをつけるより効果的ですョ!

GDB アプライドCモデル フジツボのマフラー

分かります?真っ赤に焼けたローターです。

ブレーキ・・・ヤバイです。

タカタの4点ベルトはとってもしなやか・・・

オ・ス・ス・メです。

GOODです!

 

掲載日:火曜日, 8月 11th, 2009 カテゴリー:IMPREZA DIARY

No comments yet.

Leave a comment